風呂敷の模様が持つ意味を知る

リメイクしても使える風呂敷

古くから日本人に馴染みの深いアイテムである風呂敷は、かつては主に荷物を包むために使用されていました。
しかし近年では、品物を包んでしまったり持ち運んだりするためだけでなく、
お洒落なバッグやギフト向けの個性あるラッピングとしても活用されています。

そればかりか、リメイクして新しいファッション小物に生まれ変わらせて再利用されることもあるのです。風呂敷のリメイク

以前は風呂敷にはそれほど色や柄のバリエーションが多くあったわけではありませんでした。
とはいえ近年では様々な色や柄のものが登場しています。

美しい繊細な色合いのものから可愛らしいイラストが描かれているもの、
さらにはセンスが感じられるデザインのものまでお洒落な風呂敷が色々と売られているのです。

魅力的なデザインのものも多いため、もし物を包むために使わなくなったというのであれば
ファッション小物としてリメイクをしてみてはいかがでしょうか。

綺麗な布を再利用して作ったサスティナブルで地球環境に優しい服飾雑貨は、お気に入りの小物になる可能性があります。
自分で使うのも良いですが、ちょっとしたプレゼントにしたりフリマで売ったりしても楽しめて良いかも知れません。

お洒落な服飾雑貨に変身

正方形に近い薄い布である風呂敷は、比較的リメイクしやすい素材と言えるのではないでしょうか。
色や模様などのデザインを活かすことで、再利用したとは思えないようなお洒落なファッション雑貨に作り変えることができるはずです。

例えばエコバッグや巾着などの袋物は、定番として知られています。
さらにポンチョやスカーフなどにも、風呂敷は作り変えることができます。

表裏で色の違うものを使用したり、可愛らしい色・デザインのものを使用することで
普段の生活に取り入れやすいお洒落なアイテムを作ることができます。

ゆったりとしたラインで着心地の良いポンチョは、シックな色合いのものを使用することで
日常的に使用しやすいものにすることができるでしょう。

もともとの布のデザインを活かして作り変えるのがポイントです。
小さな柄が入ったデザインのものも、素敵な仕上がりになります。

風呂敷はスカーフにも作り変えることが可能です。大きなサイズのものを使用すれば、ターバンのように頭に巻くこともできます。
最近では風呂敷にもお洒落な柄のものが多くあるので、そういった個性的なデザインのものや
色のグラデーションが美しいものを使用して作るのもおすすめです。

ファッション小物としての風呂敷

ホームへ模様の由来絵柄の意味代表的な柄洗濯する定番の風呂敷のおしゃれな柄日本のふろしき文化としてきめ細かい表現小ロットから水を防ぐ撥水風呂敷デザイン性が高い柄の移り変わり縁起の良い風呂敷のデザイン再利用可能デザイン豊富エコに貢献する生活ポンチョやスカーフにもMAP