風呂敷の模様が持つ意味を知る

「イノシシとトンボ」

「イノシシとトンボ」という風呂敷はその名称通り、猪ととんぼが描かれた代物です。
生地はベージュ色で、風呂敷の中央には4頭の猪が赤とんぼを追いかけ、
その4隅にいる子供や他の猪たちも思い思いに走り回っています。

イノシシとトンボ

四方は赤色の四角形で縁取られており、基本的に赤とんぼがメインであるものの、
白いシルエットも混ざっているのが印象深い風呂敷です。

そんな風呂敷の素材はエステルシャンタンという100パーセントのポリエステルであるため、
丈夫で、おまけに2巾もとい70cm角なので汎用性に優れています。

しかし何よりもこの商品の特徴は柄です。
手描き特有の温かみがある図案には秋を感じさせるだけでなく、良縁が込められています。

例えば猪は直進しかできない動物なので「真っ直ぐに目標に向かっていく」という
意味を込められますが、そこに「勝ち虫」だと言われている秋の虫も描かれているので、さらに縁起は良いです。

戦国時代の有名な武将、もとい前田利家や本田忠勝は、甲冑や兜にこの虫を
モチーフにした飾りをつけているのは広く知られていますが、それはこの虫が後退しないからです。
直進と不退転、この2つの意味が組み合わさる事によってこの商品は
ビジネスや合格など「勝ちたい」と思っている人への贈り物に成り得ます。

京都のれんのまとめ買いセット

「京都のれん」では商品の多様化や作家とのコラボだけではなく、現在でも意欲的なサービスに取り組んでいます。
その最たる例はオーダーメイドですが、最近では風呂敷のまとめ買いセットを実施中です。

風呂敷のまとめ買いセットとは文字通りのサービスで、特定の商品であればまとめ買い、
かつ低価格での購入が可能となっています。

販促物やお祝いの返礼品に丁度良いものの、そのためか現在まとめ買いセットに適用される風呂敷は無地とちりめんあずま袋のみです。

ちりめんあずま袋とは37cmと37cm、もとい2つの三角形を向かい合わせにして繋げた手提げバックとなっています。
ポリエステルちりめんという素材を使用しており、クリーム色とオレンジ色の2色がありますが、
どちらにも上品な雰囲気があるのが特徴的です。

ちりめんあずま風呂敷

エコバッグにもプレゼントの包みにも良いとされており、1枚につき税抜350円となっています。
まとめ買いセットではこの1枚のほかに20枚セットと100枚セットが用意されており、
前者は6000円、後者は2万円で購入可能です。

ちなみに無地の場合はそれぞれで用意されている個数や価格が異なっており、
2枚セットで1600円の品もあれば10枚セットで8000円という品もあります。