目元ケア

目元のたるみケア

目元のたるみというのは、毎日丹念に肌ケアをしていても、歳を重ねるごとに表れてしまいます。
しかし、日課として簡単なケアを取り入れれば、目元のたるみを事前に防ぐことも不可能ではありません。
たるみのある目元は、若い時からどれほどきちんとケアしてきたかによって大きな差が出るので、若い頃から適切なケアをしていかなければならないのです。
目元のたるみケアを行う時には、美容液やアイクリーム、炭酸パックなどの化粧品を使って欠かさずにお手入れをしていきましょう。
ですがそれよりもまずは、目元まわりの筋肉も日ごろから鍛えましょう。
顔の部分には表情筋という、顔で感情を伝えるようにするための筋肉が存在しています。
日常生活では実際のところ、顔の筋肉の3割くらいしか活かされていません。
70%ほどの表情筋は動かさないため、衰えていく一方になります。
目元まわりの筋肉は、この使われていない70%のうちに入るため、日頃から鍛えなければいけないのです。
動かさない筋肉を強くするための運動は、実践できるものは数多くありますが、いつでもできるものとして、鏡を見ながら笑顔を作るということです。
思い切り作る笑顔によって、使用していない表情筋を鍛えることが可能です。
あまり聞き慣れませんが、眼輪筋という筋肉の強化も、たるみ解消の効果が上がるようです。
目が開いていない状態で、少しの間眉を引き上げ、ゆっくり元に戻していく動きを何度もしていきます。
目元まわりのたるみというのは何もせずにいると、そのぶん改善するのが困難になってしまうのです。
少しずつでもかまわないので、目元のケアをやめることなく実践するのが肝心です。
たるものある目元の問題を解決することで、若々しさの表れた目元を取り戻すことができます。


 
MCMリンクD MCMリンクC MCMリンクB MCMリンクA MCMリンク@